園章


トップページ  に 戻 る


前のページへ





























































































































乳児保育へ


幼児保育へ

        
   

























































































乳児保育へ

        
幼児保育へ  























































































































































トップページ  に 戻 る


前のページへ












                                                     モンテッソーリ教育
     
             モンテッソーリ教育

  マーク  モンテッソーリ教育とは

      マリア・モンテッソーリによって始められた幼児教育法です。

     子どもは、皆 自ら育とうとする力を持っており、自分から知りたいと思った

    時に吸収力は倍増します。

     その時に援助者がその要求を汲み取り、環境を整えてあげることにより、

    子どもが自分のやりたい活動を選び自ら学んでいきます。

     保育士は、環境を整え方法を教えてあげ、自発的な活動を援助してあげます。


       ① 子どもが知りたいことや、やりたいことを自分で選ぶ。

      ② 子どもが一人でできるように援助者がやり方を教えてあげる。

      ③ 子どもがやり遂げ、達成感を感じることができる。

      ④ 達成感が自信につながり、次のことに挑戦したいと思う。


        ①から④を繰り返すことで、子ども自身が満足できるまで一人ひとりの

        ペースで取り組めるため、集中力が高まり、達成感を感じることで、自立

        心や豊かな人間性が生まれます。

  
ガラスの黒板に文字を書く ガラスの小さな黒板に文字を

書いて練習します
数がかかれた仕切り箱に数に

相当する棒を入れます。
    
数の仕切り箱に棒を入れる
モンテの道具でのあそび 自分で好きな遊びをする中で、

自発性が養われます。
お手伝いも楽しくできる

ようになります
      
お手伝い
色水 水のあけ移しは子どもたちに

大人気です。
色の識別ができます。色を使って

の遊びに発展します。 
      
色合わせ
リボンの結び練習 遊びの中で、リボン結びの

練習もします


      乳児も集中して手作りおもちゃで遊びます。

小さな子のあそび    小さな子のあそび2
  



               リ ト ミ ッ ク

    ボタン1 リトミックとは 

    音楽と一緒に身体を動かしながら、楽しく自然に音楽の要素を身につけると共に、

  集中力や想像力・創造性を養い心と体の調整力を高めることができます。♪♪

   子どもたちも毎週楽しみにしています☆
  

         リトミック
  
リトミック1 ピアノにあわせて、スカーフを投げ

たりして身体を動かしながら音楽の

楽しさを身につけます。♪
ピアノにあわせて、手作り楽器を

振りリズムに親しみます     
リトミック2
リトミック3 年長・年中組では、リトミックで楽し

みながら覚えたリズムを生かし、

鍵盤ハーモニカにも取り組みます。♪




                体 操 教 室

    ボタン2 体操教室とは

  
    最近の子どもは、体格に反して、運動能力が年々低下していると言われて

    おります。日々成長している大切な幼児期に、専門の体育指導員の指導のも
    
    とで行う「体操教室」を通して運動を行うことは、体力を向上させるだけでなく、
    
    規律性やルールを守ることが出来、お友達と楽しく過ごすことができ、調和の
    
    とれた人間形成ができるものと考え日向和田保育園で取り組んでいるものです。


           体操教室の様子1

  
跳び箱1 跳び箱
マット運動 マット運動
跳び箱2 跳び箱
体 操 屈伸体操
  乳児保育へ        

  幼児保育へ